2011/4/18(Mon.) すみません、出荷を自粛しています  
震災に伴う原発事故による放射線量の動向を調査しております。

安全が確認でき次第出荷を再開します、ご理解上出荷時には、またよろしくお願いいたします。
 
2011/2/16(Wed.) 驚異の小松菜  
共同研究をしている大学でおなじみの小松菜の糖度を測ったところ、一般品の約倍の数値が出ました。これからもおいしさに磨きをかけたいと思います。
 
2011/1/8(Sat.) おいしいリンゴがあります  
りんごの「ふじ」を収穫せずに樹上で年を越させました。さくさくとちょっと違った食感です。蜜入りの甘さはそのまま、新企画商品です。
 
2010/12/25(Sat.) 寒さが厳しいと冬野菜がおいしい  
クリスマス寒波とやら、日本列島もぐっと冷え込んできました。
寒さに耐えて育つ冬の葉物が一層おいしくなります、小松菜、にら、春菊、みず菜、どうぞ宜しくお願いします。
 
2010/12/16(Thu.) おいしさの仕組み  
良質の堆肥、土壌で生きている微生物、品目にあわせた有機発酵肥料。環境に合わせて栽培作物の選定、東北の冬に耐え抜いて育つ葉物野菜がまさに旬。小松菜、ほうれんそう、春菊、みず菜、ニラ・・・。またそれらのおいしさを証明するシステムを開発し、お客様が納得してお買い求めいただく仕組みを作っています。
 
2010/11/10(Wed.) 早くも冬野菜  
葉物野菜のおいしい季節になりました。小松菜・ホウレン草の出荷を始めました。何れも四季を通じてある野菜ですが、寒い時期の肉厚ものは格別です。何れも有機肥料でじっくり育てたものです。
 
2010/10/8(Fri.) きのこの森  
本システムでは、特別栽培野菜、くだものの他、森林土伏きのこの出荷を始めました。野生のきのこから優良種を選び出し、無菌室で培養し生育に適した林の中に伏せ込みます。天然のきのこのように風雨や夜露、寒暖にさらされ育ちます。いまは、ハタケシメジ、このあと欧風ナメコ・大粒ブナシメジと続きます。
 
2010/9/16(Thu.) 秋の味覚  
一雨毎に秋の気配です。あの猛暑はなんだったのでしょうか?
秋茄子がお彼岸を前にたわわに実っています。夏の炎天下で地面であえいでいた葉物野菜も天を目指して伸びはじめました。
 
2010/7/22(Thu.) 猛暑です  
梅雨末期の大雨が嘘のような猛暑です。
トマト、ナス、ピーマン、k流離などの果菜類は急に元気になりました。桃も太陽をいっぱい浴びて糖度がぐんぐん増しています。
 
2010/6/22(Tue.) ピーマン、なす、ミニトマト  
例年夏の売場を彩り、ご好評いただいてきた夏野菜。今年は植付け時期の低温などで生育の遅れが心配されましたが、このところの適当なお湿りがある空梅雨模様で生育が追いついてきました。
もう各野菜は小さな実をつけています、もうしばらくお待ち下さい。
 
2010/6/1(Tue.) サヤエンドウからスナップエンドウへ  
初夏の日差しになりました、春野菜の絹サヤから初夏の香りスナップエンドウにバトンタッチです。これから豆類はソラマメ、インゲンと続きます。
 
2010/5/19(Wed.) きゅうり 2便3便  
春早く温室に植え付けしたきゅうりに続き、簡易ハウスで栽培したきゅうりの出荷も始まりました。
これからこれから露地栽培の植え付けも始まります、秋の深まるまで長い「旬」をお楽しみいただきます。
 
2010/5/10(Mon.) きゅうり本格化  
寒さでヤキモキしていた初夏の味覚も本格化してきました。きゅうり、アスパラもフル出荷、日照不足の中でも例年と変わらぬ品質で生産ができています。
 
2010/4/18(Sun.) 逆に最高潮  
この所の寒さで春野菜の出荷が激減とのことですが、EMオーガは最高潮、小松菜もほうれん草も冬場の肉厚を未だに維持しています。抜群の甘味健在です。
 
2010/4/13(Tue.) 春野菜が一気に  
春先からの天候不順で野菜高騰のニュースを目にしますが、EMオーガの野菜はようやく順調になり出荷が軌道に乗りました。
リクエストの多いきゅうりも間もなく出荷です、昨年より3週間以上早い仕上がりです。
 
2010/3/28(Sun.) 間もなく小松菜・ほうれんそう  
小松菜・ほうれんそうを一貫生産しているEMオーガ契約農家の田中農園。規模拡大に掛かる工事が終了し、また中将の生産体制に戻っています。4/10頃から連続出荷体制が復活します。ここ何週間か供給が途切れ申し訳ありませんでした。
 
2010/3/13(Sat.) アスパラもう少し  
例年3月の声を菊とお目見えするグリーンアスパラが少々遅れています。
今盛んに出回っているのは九州産ですが、寒さに耐えて顔を出す極太の福島産も絶品です。
 
2010/3/5(Fri.) ふくしまフェア  
千葉県の船橋と市川に店舗を持つスーパー「エコ・ピアでふくしまフェアが開催されています。」
福島県の方の働きかけはなかったとのことですが、スーパーからの要請で「とちおとめ」「かぶ」「ほうれんそう」「原木椎茸」がのオーダーがあり、今日5日から販売をしています。店舗の判断でご注文をいただける・・・私たちの農産物も口コミ評価が高まってきています。
 
2010/2/28(Sun.) 今年のトマトが一味違います  
いまこちらの産地では、春や初夏に出荷する、きゅうりやトマトの種まき作業に追われています。
今年のトマトは中将青果市場で流通する主力品種ではなく、美味しくて、しかも病害虫に強い(=農薬に頼らない)品種の植え付けを予定しています。まだ、苗つくりの段階ですが今シーズンは新顔の新しいトマトをお届けできそうです。
 
2010/1/30(Sat.) 東京  
2月8〜10日まで東京ビックサイトで開かれる「2010スーパーマーケット・トレードショー」に経済産業省推薦枠の「地域資源セレクション」No.16ブースに出展します。
季節の冬野菜のほかになんと樹上で年を越した絶品の「ふじ」りんごなどEMオーガの青果物を展示と試食を行っています。
 
2010/1/1(Fri.) あけましておめでとうございます  
東北は年末年始寒波に見舞われました
高速道路が寸断され一般道に下りてきて渋滞をしています
野菜の年始需要、初売り間に合うよう雪の中から野菜を掘り起こしています、天然の寒締め抜群のおいしさです
 
2009/12/28(Mon.) しゅんぎく・小松菜フル出荷中  
野菜も年末の需要期に入りました、需要がいくら伸びても栽培面関あたりの生産量が増えるわけではありません。
でも、売場の期待に応えるよう、可能な限りの出荷体制をとっています、しゅんぎくは紀ノ国屋様各店舗、小松菜は高島屋二子玉川店様、自信を持って送り出す最上級品です。甘さと味の深さが違います。
 
2009/12/22(Tue.) 突然寒くなりましたが  
暖冬かと思えば、福島にも突然寒波が来ました。
人間には厄介な自然の摂理も野菜や果実にとっては必要不可欠、軟弱徒長気味だった冬ニラもおいしく仕上がりました。
 
2009/12/9(Wed.) 冬至かぼちゃ  
EMオーガの冬至かぼちゃは白皮系の「とっておき」ホクホクして甘味抜群です。
 
2009/12/3(Thu.) たっぷり蜜入り「ふじ」りんご  
福島のりんごは重厚な蜜が入ります。
12二月になるとたっぷりの蜜入りりんごが楽しめます。昨年の冬入れた有機堆肥が1年越しに力を発揮します。
 
2009/12/2(Wed.) 寒さが増すと野菜がおいしくなります  
EMオーガの「春菊」「ほうれんそう」「小松菜」がとにかくおいしいと評判です。
首都圏では春菊は紀ノ国屋の「青山店」「国立店」「等々力店」「鎌倉店」で好評販売中。
 
2009/10/28(Wed.) ラ・フランス、早生ふじ  
福島の山々は紅葉真っ盛りで、間もなく初冠雪の便りが聞かれる季節です。
収穫を終え、追熟をしながら出荷を待っていた洋梨ラ・フランスは順次出荷を始めます。11月後半のふじりんごの前に、早生ふじ「やたか」の出荷は最盛期になりました。
 
2009/10/13(Tue.) もうすぐ春菊  
秋の深まりとともに葉物野菜も充実してきました。
小松菜に加え春菊ももうそろそろと出番を待っています、ほうれんそうの種蒔きも終わり、寒風にさらされながら肉厚に育ちます。
 
2009/9/27(Sun.) 秋の野菜いろいろ  
通年栽培されている小松菜も秋彼岸を過ぎると葉肉が厚くなり美味しさがまします。里芋も出始め10月の声を聞くと夏野菜と秋野菜が入り混じりコーナーが一層にぎやかになります。
 
2009/8/30(Sun.) 梨が出始めました  
旧盆が過ぎ秋風が立ち始めると梨の季節です。
幸水・豊水・新高と晩秋まで続きます、酸味系あり甘味系あり、品種ごとの味のバラエティも魅力のひとつです。
 
2009/8/3(Mon.) トマトと桃  
夏の野菜・果物の代表格、トマトと桃が最盛期です。
有用微生物の一つである「光合成菌」などにより、長い梅雨にも拘らず、抜群の糖度を誇っています。
 
2009/7/9(Thu.) 夏野菜の代表  
ナスが出回り始めました、春の低温でEMオーガの初集荷は7月にずれ込みましたが、梅雨のナス畑ではナスが輝いて出番を待っています。
 
2009/6/18(Thu.) トマトも出番を待っています  
楕円形のミニトマト「アイコ」は来週からの出荷になります。手始めは紀ノ国屋等々力店様から順次(収量が増え次第)売場を増やしてまいります。
大玉トマトは7月〜あと一月お待ち下さい。只今元気に育っています、大事に大事に有機質だけで育てています。
 
2009/6/3(Wed.) ミニトマトがまもなく  
昨年ご好評いただいた、楕円形のミニトマト「アイコ」が色づきはじめました。
驚くほどの甘さで、しかも食感のさわやかな味わいが間もなくお届けできます。
 
2009/5/24(Sun.) 春から夏へ  
春野菜の絹サヤからスナックエンドウに旬が移ってきました。
春きゅうりも今が最盛期、これから夏・夏秋きゅうりと秋まで美味しいきゅうりがご堪能いただけます。
現在、東京・神奈川の紀ノ国屋様各店舗ではサンクスフェアとして「EMオーガきゅうり」を特売中、好評につき期間を延長しています。
 
2009/4/27(Mon.) 春ニラが  
春の露地ニラが出荷を始めました。
冬のハウスニラよりくせがなくどんな料理にも合うのが特徴です。
 
2009/4/14(Tue.) 春には春の味わい  
紀ノ国屋鎌倉店のフェアに小松菜・ほうれんそうなどをお届けします。
冬の厳寒に耐えて育つ肉厚の小松菜・ほうれんそうも魅力ですが温暖な太陽のもとすくすくと育つ野菜も違う魅力があります。サラダに最適お試し下さい。
 
2009/3/4(Wed.) 福島フェア  
3月6.7.8日千葉県市川市と船橋市の食品スーパー「エコピア」様で、福島フェアが開催されます。
EMオーガのいちご・ほうれんそう・しゅんぎく・小松菜・椎茸が販売されます。
 
2009/2/6(Fri.) 寒締めほうれん草  
今年は暖冬ですが、寒締めほうれん草は今年も美味しく仕上がりました。EMオーガの寒締めほうれん草は阿武隈山系の高原地帯相馬市東玉野から届けられます。5月の連休に桜の咲く地域です、厳寒の恵みをお楽しみ下さい。
 
2009/1/23(Fri.) 苺です  
1月21日東京での食品商談会で苺を出展したところご好評いただきました。店頭にもまもなく並びます。今期もよろしくお願いします。
 
2009/1/14(Wed.) おいしい野菜をお届けする仕組について  
安心・安全でおいしい野菜を新鮮なままお届けするには仕組があります。ITなどの先端技術を積極的に活用するものです。
アグリSCMのシステムもご紹介すり機会があります。
農林水産分野におけるIT活用推進セミナー
主催
農林水産省福島農政事務所 1月27日13:30〜 福島県文化センター 2F会議室
 
2009/1/4(Sun.) 新年早々  
茎立菜系統の「つぼみ菜」という野菜がまもなく出荷です。
サラダ、油いり等々料理のバリエーションも豊富です、葉がしおれないように折り返しシールの三角袋入れです。
 
2008/12/28(Sun.) 雪中野菜  
福島は12月26日から雪が降り止みません。
露地で生産していたほうれんそう、小松菜は雪に埋もれてしまいました。年末年始の需要にあわせ連日雪を掘りながら収穫、発送をしています。
甘味抜群の雪中野菜は東京ではほうれんそうが紀ノ国屋等々力店、国立店様。小松菜が高島屋玉川店様でお取り扱いいただいています。とにかくおいしいですよ!
 
2008/12/14(Sun.) 冬至かぼちゃに2種類  
秋冬のかぼちゃや南半球やメキシコ産が主流ですがEMオーガはむろん国産無化学肥料栽培。
ホクホク系、ねっとり系2パタ-ン取り揃えています、お好みによりお選び下さい。
 
2008/12/5(Fri.) 師走の味覚  
寒風にさらされて育つ葉菜類は絶品です。
肉厚の小松菜・ほうれんそう是非お試し下さい。
甘味がとにかく違います。
 
2008/11/17(Mon.) りんごの真打「ふじ」の登場です  
福島産ふじは中に蜜が入り甘さが特徴、甘さを増してちょうどこれからが旬です。EMオーガは良質の堆肥がアンモニア態窒素の状態で吸収され光合成を促進する技術とあいまって味わいの深い、甘み・酸味をつくっています。
 
2008/11/7(Fri.) 立冬です  
国産南瓜が売場から姿を消す時期になりました(ほとんどが南半球産)。
EMオーガはすべて国産です、冬至に向けて出荷を待っています。
 
2008/10/24(Fri.) ねぎ、しゅんぎく  
秋冬野菜の季節になりました。
例年通り、ねぎ・しゅんぎく・さといもなどが登場しています。
何れも堆肥からこだわった安心安全に加えて際立つ美味しさが自慢です。
 
2008/10/14(Tue.) 中生りんご、梨  
おきも深まってきました。
くだものは、りんごが「陽光」、梨が「新高」などの中生種が主流になっています。
ぶどうの「巨峰」は霜の降りる今月いっぱいは大丈夫です。
 
2008/9/28(Sun.) 巨峰が好評です  
梨は「豊水」から「秋月」にかわり、もうすぐ「新高」です。
半月前からぶどうの「巨峰」が濃密な甘みで売場に並んでいます、どうぞお楽しみ下さい。EMオーガは甘みはもちろん、酸味と少々の苦味のバランスが絶妙です。
 
2008/9/11(Thu.) 「幸水」から「豊水」へ  
幸水・豊水は梨の品種です。
8月末から「幸水」9月中旬からが「豊水」の旬、お彼岸過ぎまで「豊水」の旬が楽しめます。
 
2008/8/22(Fri.) 急な寒さ  
この夏の暑さが、うそのような涼しさがやってきました。
きゅうり、なすなのど育ちがいまひとつ、収穫量が最盛期の半分ほどになってきました。でも、病気でもなんでもないので気温の回復とともに状態もすぐに戻ります。
トマトは気温に関係なく甘さを増してきました。
 
2008/8/16(Sat.) 東北フェアで続々登場  
20日から紀ノ国屋の各店舗で「東北フェア」が開催されます。
EMオーガは定番のきゅうりだけではなく、自慢の夏野菜が続々登場、なす、ピーマン、トマト類どうぞご賞味下さい!
 
2008/8/8(Fri.) 暑いですが  
この暑さで「桃」が最高の仕上がりです。
とにかく甘い、ご堪能下さい。
 
2008/7/17(Thu.) 今年のピーマン  
梅雨前の低温で生育を心配していましたが、このところの高温で本格的な出荷時期になりました。
例年通りの「臭み」のないピーマンに仕上がっております。ピーマンきらいでも食べられるピーマンです。
 
2008/7/12(Sat.) ミニトマトの糖度  
四季それぞれに出回りますが、やはり夏に美味しいのが「トマト系」、EMオーガのミニトマトは今年は楕円形の「アイコ」が主力。甘さと酸味のバランスと瑞々しい食感が好評です。
 
2008/6/25(Wed.) 首都圏にも潤沢に  
さる6月9日雹害がありました。夏きゅうりの苗に被害があり、現在芋回復の途中です。
屋根をビニールで覆っている現在のきゅうりは大丈夫、東京・神奈川では紀ノ国屋様の全店舗でお買い求めいただけます。
瑞々しさと野菜の甘さ、ご堪能下さい。
 
2008/6/10(Tue.) 早くも初夏の品揃え  
絹サヤに続き、スナップエンドウ、インゲン、ピーマンと揃ってきました、春きゅうりは今が盛り。
 
2008/5/16(Fri.) 東京の皆様へ  
東京駅八重洲口の「大丸東京店」食品売り場で「ふくしまフェア」を開催中。EMオーガの方からはグリーンアスパラと小松菜が並んでいます、どうぞご賞味下さい。
 
2008/5/10(Sat.) 絹サヤ、スナックエンドウなど  
春の豆類が出揃ってきました。
これから初夏にかけて、そら豆・いんげんと続いてゆきます。
 
2008/5/2(Fri.) 夏用シイタケ  
シイタケは冬のイメージがありますが、高温時に発生する菌を使う夏用シイタケもあります。一部夏用菌シイタケもで回り始めました。
ここのところは熱いくらいの天候ですが、4月の雨の影響かまだ発生はつくないのですがこれからが本番です。
 
2008/4/22(Tue.) いろいろと春の顔  
春ニラが好評です。
きゅうりも早いものはつるを伸ばし始めました。連休の頃は売場に並びます。
 
2008/4/9(Wed.) みず菜が出てきています  
鍋需要だけではなくサラダでも人気のみず菜。
EMオーガでも、年間通じての出荷が始まりました。出回り始めたばかりでも、もう人気です来週あたりから本格化します。
やわらかさもサラダ感覚、どうぞお試し下さい。
 
2008/3/29(Sat.) きゅうり植え付けが始まりました  
EMオーガの中心品目「きゅうり」
大型ハウスで植え付けが始まりました「南瓜の根を接いだ苗を植えています」従来は(一昨年あたりまでは)春彼岸には出荷していたのですが、重油を燃やす農業からの転換で無加温ハウスからの栽培になります。4月下旬から店頭に並びます。
 
2008/3/7(Fri.) 春のアスパラガスが好評です  
福島県でも温暖な南相馬市、ビニールハウスから元気なアスパラガスが顔を出しています。今の時期では考えられないような太さ、しかも軟らかいんです。
 
2008/3/1(Sat.) 珍しい品々  
つぼみ菜(茎立系)、葉・花山葵この冬の寒さで出遅れていましたが出揃ってきました・・・・と思っていたら、もう浜通りからアスパラガスがやってきました。今時期のものとは思えない太さです、春の香りがします。
 
2008/2/20(Wed.) 小松菜の味  
EMオーガの小松菜は一年通して栽培されます。しかし四季それぞれに色々な顔を持ちます。厳冬期の小松菜はチンゲン菜と見間違うほどのボリューム、寒風にさらされて出番を待っています。
 
2008/2/11(Mon.) イチゴ甘みが増してきました  
例年よりやや遅れ気味のイチゴですが日脚の伸びに歩調を合わせるように甘みを増してきました。6月の終了まで時期時期にいろいろな表情を見せるイチゴですが、先ずは雛祭りの頃までは歯ごたえのしっかりした瑞々しい味わいです。
 
2008/2/5(Tue.) ほうれん草がとにかく美味い  
今年は厳しい冷え込みが続きます。その分寒風の中育つほうれん草がいつもにも増して美味しく育っています。言わば天然寒締め
甘さと肉厚、絶品です。
 
2008/2/1(Fri.) 寒の人参  
今の時期の人参が好評です、もともと身の締まりと甘みに定評があるEMオーガですが、この時期は甘みが一層際立ちます。
 
2008/1/26(Sat.) お待たせしましたイチゴです  
昨年7〜9月の天候不順でイチゴの苗の準備が遅れてしまい例年より半月遅れのスタートです。
でも、今年も甘みと酸味のバランスがよく仕上がりました。今年も極上の味をお届けします。
 
2008/1/24(Thu.) 雪の下からほうれん草、小松菜  
今日の東北地方は冬型の大荒れの天候です。
EMオーガの露地ほうれん草・小松菜農家は積雪の前に葉を覆い雪を掃きながら収穫します。
売場には明日も明後日も新鮮な野菜が並びます。
 
2008/1/4(Fri.) 新年明けましておめでとうございます  
EMオーガ農産品は冬場は一風変わった小物野菜が出てきます。
辛味大根、ふきのとう、葉山葵、花山葵どれも料理の添え物には最適です。
人参、椎茸等冬の主役も健在。今年も宜しくお願いいたします。
 
2007/12/20(Thu.) 完売御礼 !  
自慢のカボチャが冬至までで売り切れました。
冬至を目の前に在庫ゼロ、現在店頭やお店の倉庫にあるもので今季分は終わりです。販売店様からお客様から大変な反響がありました。来年はもう少し潤沢に準備をいたします。また、よろしくお願いいたします。
 
2007/12/3(Mon.) 師走、冬至かぼちゃ  
早師走、冬至かぼちゃの季節です。日本の風習ですが最近この時期のかぼちゃは残念ながら南半球産。
ブラジルやニュージーランドから海を渡って日本に来ます。
EMオーガはもちろん日本産。9月に収穫し、大事に大事に保存をしてきました。良質堆肥と夏の日差しで育った元気印が風邪を追い払います。
 
2007/11/12(Mon.) 肉厚ほうれん草  
EMオーガの野菜のなかでも、特にファンの多い冬ほうれん草がお目見えします。超肉厚と甘みのある食感が今年も登場です。
 
2007/10/19(Fri.) 秋といえば大根?  
来週から大根が並びます。
浜通りの有名産地「金房大根」です。通常栽培品より火の通りがよく味がよくしみます。甘味が断然違いますが煮崩れにご注意下さい。
 
2007/10/15(Mon.) 早いもので  
暖かい秋ですが春菊収穫の情報が入ってきました。
先月からねぎも店頭に出てきたので本格的な鍋も楽しめます。
今年から南相馬市で里芋の栽培をお願いし、出回っています。EMオーガの鍋ラインナップ来春までお届けします。
 
2007/10/6(Sat.) 豊水から新高へ  
梨の幸水・豊水が終わり新高の季節です。
ぶどうの巨峰が終わると(EMオーガは10月20日頃まで)ラ・フランス、りんごの大御所ふじと続きて行きます。
初冬にあわせるように春菊もすくすく育っています。
 
2007/10/1(Mon.) 巨峰大粒です  
とても甘く程良くすっぱい「巨峰」が只今最盛期、どうぞお見逃しなく!
 
2007/9/23(Sun.) 葉物野菜もがんばっています  
この夏(秋になってからも?)の暑さで質の低下が心配される葉物野菜。EMオーガの小松菜は四季にわたって安定供給!
無化学肥料、原則1回以下の害虫防止の散布で生産しています。肉厚と濃厚な甘みは年間を通じて変わりません。
 
2007/9/14(Fri.) 「白」系かぼちゃ  
普通かぼちゃの色はグリーンですが、白色がかった色のかぼちゃもあります(色の濃淡は品種でまちまちですが)。
特徴は日持ちが良いこと、保存しておくうちに熟度が増し甘くなってきます。EMオーガの秋冬のかぼちゃはこのタイプです。
 
2007/9/10(Mon.) ぶどうの巨峰 なしの豊水そろそろお目見え  
9月も中旬、秋のくだものの季節です
ぶどう、なし、早生リンゴとも先の台風の被害も最小限でした。
お湿り燃えて奥行きの深い味わいがが今年も冴えます。
 
2007/8/28(Tue.) 「梨」販売い開始  
今シーズンのトップを切って「幸水」が今日から店頭に並びます。
以降「豊水」「新高」と続きます。猛暑で甘さは抜群、EMオーガの特徴「酸味」「食感」とのバランスも最高、どうぞお楽しみ下さい。
 
2007/8/21(Tue.) 秋きゅうりの植え付け作業  
夏きゅうりは今が旬
しかしお盆過ぎには秋きゅうり(抑制栽培)の植え付け作業が始まっています。
このきゅうりがお店に並ぶのは9月中旬、それまで放つきゅうりががんばります。
 
2007/8/17(Fri.) 猛暑対策  
猛暑の中、福島は久しぶりに雨が降りました。
今まで続けていた散水(水まき)作業もしばらくお休みです。
一雨ごとの涼しくなります、産地はもう冬野菜の準備を始めます。
 
2007/8/4(Sat.) 「あかつき」最盛期  
遅い梅雨明けのあと、心配された台風5号も日本海を進み直節の影響はなさそうです。
福島桃の主力品種「あかつき」が今出荷最盛期、これからお盆をはさんで「川中島白桃」そして月末に梨の「幸水」と続きます。
 
2007/7/28(Sat.) 茄子の季節  
ナスが旬です
台風4号も大雨はもたらしたものの、強風は吹かず表面に大きな傷はつきませんでした。陽の光をいっぱいに浴びて引き締まった果肉になっています。
 
2007/7/23(Mon.) 夏の主役「もも」登場  
お待たせしました、上品な甘さと奥行きのある風味のEMオーガ」ももがお見えです。
最初は「暁星」、その後「あかつき」「白鳳」お盆を挟んで「川中島白桃」と続く至福の甘さです。
 
2007/7/9(Mon.) とにかく甘い注だまトマト  
中玉トマトが出始めました
とにかく甘く甘い仕上がりました。
 
2007/7/5(Thu.) 太陽を浴びた露地きゅうり  
温室や屋根をビニールで覆わず太陽の下で栽培するきゅうりを「露地きゅうり」といいます。本格的な露地きゅうりの季節になりました。10月上旬まで続きます。みずみずしさと甘さ香りが違います。
 
2007/7/3(Tue.) 茄子がお目見え  
7月の声を聞きナスが出てきました。
風の被害もなく、顔が映るくらいきれいな深紫です。
 
2007/6/23(Sat.) 夏の香り露地きゅうり  
春きゅうりについで夏きゅうりが出始めています。
うり科の特徴でもと蔓になる一番果はやや太め、小蔓から果形が落ち着きます。
 
2007/6/3(Sun.) 初夏の野菜ぞろぞろと  
従来のきゅうりに加え、絹さやが旬です。続いてスナックエンドウ、そら豆、アスパラとお目見えします。
 
2007/3/24(Sat.) いちごの味  
いちごはお彼岸過ぎから甘みが増します。
ひな祭り過ぎから価格も落ち着いてきます、今が本当の「旬」です。
 
2007/3/9(Fri.) アスパラもう少し  
アスパラガスが温室の地面から顔を出し、すくすく育っています。
店頭お目見えはお彼岸頃でしょうか?ご期待下さい。
 
2007/2/25(Sun.) 冬野菜から春野菜へ  
例年なら3月のタイトルですが今年は2月からこのタイトルです。
でも、店頭のEMオーガ春菊。おひたしにするととてもおいしいです。
 
2007/2/18(Sun.) いちご大好評  
先ごろ郡山のビックパレットで開かれた福島県食品商談会のレセプションで「EMオーガいちご」が試供されまして。
東京や関西から来た食品バイヤーにも大好評。「甘みが深い」「酸味とのバランスが良い」等々プロの舌をうならせました。
 
2007/1/31(Wed.) いちごの季節です  
1月半ばから店頭に「EMオーガいちご」が並び始めました。
これから量も増え甘みも増してきます、5月いっぱいお楽しみください。
 
2007/1/15(Mon.) 春の香り「タラの芽」  
たらの芽も店頭に並びはじめました。
去年は台風もなく幹も程よく成長しました、春の香りお楽しみください。
 
2007/1/7(Sun.) 辛み大根  
紫色した辛み大根が人気です。
普通のの大根には無い辛さが魅力、そばや天麩羅に最高。
 
2006/12/27(Wed.) 小松菜がおいしいです  
肉厚の小松菜がおいしいです、本日も季節はずれの雨の中収穫をしました。
 
2006/12/15(Fri.) 冬野菜 続々  
暖冬気味で鍋の気にならないといっても冬は葉野菜の季節、加えて肉厚のシイタケもあります。春菊小松菜ほうれん草みず菜、油いために最適のつぼみ菜を来週からお目見えします。
 
2006/11/27(Mon.) 蜜入り「ふじ」  
りんごの「ふじ」に蜜が入ってきました(毎年11月の下旬頃が目安です)。すっきりした果肉の食感に濃厚な蜜、独特の風合いをどうぞ存分に。
 
2006/11/26(Sun.) みず菜人気  
ここ3〜4年ですっかり食卓に定着した「みず菜」EMオーガでも定番です。この秋も順調に出揃って。います
 
2006/11/10(Fri.) 秋野菜は豊作です  
9月の長雨以降は比較的穏やかな秋です。
葉もの野菜を中心に豊作です、潤沢に出回る秋野菜の中でもEMオーガは別格のご評価をいただいています。まもなく出てくるホウレンソウ、ぜひ生しょうゆでお召し上がりください。
 
2006/10/30(Mon.) ラ・フランスそろそろです  
10月初めまでに収穫を終えていた、洋ナシ「ラ・フランス」食べ頃まで追熟をさせています。様子を見ながら少しずつ店頭に飾ります。
 
2006/10/24(Tue.) 中生りんご  
津軽などの早生種と、晩生の「ふじ」をつなぐ、ジョナゴールドや陽光など中生種が多く出ています。ほどよい酸味が味の奥行きを出します。
 
2006/10/15(Sun.) 秋冬野菜続々登場  
まず手始めに「春菊」登場、サトイモなど芋煮会、鍋向け野菜が続きます。人参もおいしいですよ。
 
2006/10/3(Tue.) ぶどう、梨、味がのっています  
梨は「豊水」が末期で大玉の「新高」の季節。ぶどうは「巨峰」がまだまだ続きます。
ここでお詫び、例年ですとぶどうの「高尾」の時期ですが、9月半ばの長雨で裂果が出てしまいました、自信のないものはお出しできないので本年の「高尾」はありません。
 
2006/9/10(Sun.) 夏秋きゅうり  
春、温度の上がるのを待ちうけて作付けするのを春きゅうり、その後に巻きつけるのが夏秋きゅうりです。現在は寒くなっても温室で収穫する、抑制栽培(一般のものより遅く栽培する)きゅうりの出始めです。まだ残暑の気温と日差しを受けて良質のきゅうりが生産されています。
 
2006/9/1(Fri.) 桃終了  
もも「川中島白桃」がほぼ終了し、なし「幸水」がお目見えしました。引き続きよろしくお願いします。ぶどう「巨峰」は10日頃からの予定です。
 
2006/8/24(Thu.) 九重栗かぼちゃ  
今年はかぼちゃのラインナップが増えました。
現在は「九重栗」産地は田村と南相馬です、冬至の季節の「とっておき」まで断続的に続きます。
 
2006/8/21(Mon.) 小松菜再登場  
7月の長雨で種まきができなくて生産が滞っていた「小松菜」が再登場してきました。今度は十分すぐる日差しを浴びて栄養満点です。
 
←Back Next→